WithYou支店ブログWithYou支店ブログ

新百合ヶ丘支店

当店はSDGs目標11の達成に向けて、
新百合ヶ丘に根ざした支店として地域と連携して幸福度の高いまちづくりに取り組んでいます。

トップ  > 新百合ヶ丘支店  > 【エコ祭22上】「プラごみゼロ宣言」に基づくReduce活動を実践しています!

2022/09/16

新百合ヶ丘支店

【エコ祭22上】「プラごみゼロ宣言」に基づくReduce活動を実践しています!
12 つくる責任 つかう責任 12 つくる責任 つかう責任 14 海の豊かさを守ろう 14 海の豊かさを守ろう

こんにちは!新百合ヶ丘支店の三宅です。

当店では、「三井住友トラスト・グループ プラごみゼロ宣言」に基づき、プラスチックごみ削減に取り組んでいます。

具体的には、日常生活でプラスチック製品を辞退する毎に、シールで1カウントしていく、という活動を実施しています。シール台紙は社員専用フロアと社員専用出入口の2カ所に設置しています。

img_2950_1_compressed_2022_09_05_162739

現状は、2カ所合計で69枚のシールが貼られています!日々更新していくため、今後も増えていく予定です。

img_2966_compressed_2022_09_09_164635

ちなみに、最近「3R」という言葉が世間で浸透し始めています。これは、「Reduce(削減)」・「Reuse(再使用)」・「Recycle(再利用)」の頭文字を取ったものです。

私たちはその中でも「Reduce」に力を入れ、「今一度、普段からエコに対してしっかりと意識しよう!」、「まずは使う量を減らすところから注力しよう!」と、プラごみ削減に取り組むことにしました。

では、実際にどのくらい効果があるのでしょうか。環境省のデータによると、レジ袋の辞退をすると「0.001167kg/枚」、マイ箸を利用すると「0.001kg-CO2/人・日」のCO2削減効果が試算されています。

しかし、全国の1人当たりのCO2排出量は、年平均で2.52tもあります。気の遠くなるような数値ですが、塵も積もれば山となる!を体現している数値です。

例えば、当社社員約1万人が毎日レジ袋とマイ箸を利用すれば、1日当たり「21.67kg/枚」のCO2を削減できます。「2.52t ÷ 21.67kg=116.289…」と計算してみると、約116日で1人当たりの年平均CO2排出量を削減できることになります。

さらに活動の幅を広げて、このような活動を全国の皆さまと協力して実施できれば、削減効果はさらに高くなりますし、持続可能な社会が実現できるのではないでしょうか。

 

当店では今後も、「プラごみゼロ宣言」に基づいたエコ活動に注力してまいります。

本ブログをご覧いただいている皆さまも、プラごみ削減を是非、一緒に進めていただけますと幸いです。

当店では後日、本ブログにて、この活動で削減できたCO₂排出量について報告予定です!どうぞお楽しみに。