WithYou支店ブログWithYou支店ブログ

津田沼支店

当店はSDGs目標11の達成に向けて、
振り込め詐欺被害を減らすべく、防犯対策の情報提供に注力しています!  

トップ  > 津田沼支店  > 「特殊詐欺等の被害防止」の講話をしていただきました!

2020/02/06

津田沼支店

「特殊詐欺等の被害防止」の講話をしていただきました!
11 住み続けられる まちづくりを 11 住み続けられる まちづくりを 17 パートナーシップで目標を達成しよう 17 パートナーシップで目標を達成しよう

こんにちは。津田沼支店の野口です。

当店では2/5(水)、船橋東警察署の方を講師にお招きし、資産運用セミナーの中で「特殊詐欺等の被害防止」をテーマに講話をしていただきました。

1

特殊詐欺とは、「振り込め詐欺」や「オレオレ詐欺」、「還付金詐欺」に代表される金融詐欺の総称です。

船橋市では、金融機関や市役所、税務署、年金事務所などの職員を名乗り、「還付金を受け取ることができる」とATMへ誘導し振込をさせるという手口の「還付金詐欺」の事例が確認されています。

また、警察の職員を名乗って「あなたの銀行口座が詐欺集団のリストに入っていました。今、銀行協会の方が伺いますので、キャッシュカードを預けてください。」といった電話を入れる事案も増えているそうです。電話の後すぐに、銀行協会を名乗る者が来訪して暗証番号を聞き出したうえでキャッシュカードを預かり、ATMから現金を盗み取る詐欺であり、手口もさらに巧妙になっていることがわかります。

 

講師の方からは、「とにかく詐欺集団と会話をしないようにすることが大切」というアドバイスや、実際に詐欺被害に遭わないようにするための具体策として、「留守電大作戦」に関するお話もしていただきました。

詐欺の犯人は声を録音されることを嫌います。在宅中でも留守番電話にしておくと、犯人との会話を回避でき、詐欺の未然防止に役立つそうです。

今回セミナーに参加された方、このブログをご覧いただいている皆さま、是非、周囲の方に「留守電大作戦」を広めていただければと思います。

 

当店では、お客さまが詐欺被害に遭われることを未然防止すべく、ご出金やお振込みのお手続きを承る際には、ご資金の使い道を伺うなどお客さまへの声掛けを励行しています。

今後も、お客さまの大切な資産をお守りできるよう、警察と連携しながら特殊詐欺防止に取り組んでまいります。